布ナプキンアドバイザーが教える効果

布ナプキンは紙ナプキンのように使い捨ててでは無いので、生理のたびにたくさんのゴミが出ないためエコで経済的です。しかしメリットは他にもたくさんあり天然素材で作られた布は、石油素材などが含まれた紙より子宮の収縮活動に影響を与えないため生理痛を軽くしてくれます。他にも紙ナプキンには高分子吸収体ポリマーが吸収体として使用されており、これは「熱さまシート」などにも使用されているもので身体を冷やす原因になってしまいます。布は温効果があるので、身体を温め冷えの改善につながります。保温も出来る上に通気性も良く湿度を溜め込まないので、紙ナプキンでは発生しやすいムレやかぶれ、かゆみが出にくくなります。ムレないことによって、整理中のニオイも軽減出来ます。

布ナプキンは思ったよりも簡単に使える

布ナプキンは肌に優しくエコだということは分かっているけど、使うのが難しかったり手入れが大変そうだと思い躊躇している人は多いです。紙ナプキンは汚れたら捨てられる手軽さが魅力ですが、布に付いた生理による汚れはもみ洗いをした後浸け置きしておくことによって簡単に汚れを落とす事が出来ます。また布だけだと紙に比べて厚みも少なく、漏れそうで怖いと感じる人もいます。肌に直接当たる部分はコットンなど肌に優しいものですが、他の部分には透湿性防水布を使用しているものが多いので量が多い日でも安心して使えます。使い方も紙ナプキンと使い方はほとんど変わらず、羽根つきナプキンのテープの代わりにボタンを留めるだけです。ボタンで留めているので、羽が肌に当たる不快感がなくなります。

布ナプキンの長い目でみた時の効果

長い目で見た時に得られる効果は、不妊改善や婦人病予防にもつながります。子宮の冷えの改善により子宮内の血流が良くなることによって卵巣では健康な卵子が作られるようになり、子宮では子宮内膜が厚くなり着床しやすい状態を作り出してくれます。また紙ナプキンには化学物質が使用されており、デリケートな部分に当てるので影響が出やすいと言われています。近年増えている子宮内膜症や子宮筋腫にも、関係しているのではないかと言われています。子宮内膜症や子宮筋腫も不妊の原因に関係しているので、その点でも不妊改善につながります。化学物質は環境ホルモンを発生させるので、この環境ホルモンによって正常なホルモンの活動が妨げられてしまいます。ホルモンバランスの乱れによる体調の不良なども引き起こされます。