効果的に布ナプキン使っている方の紹介

布ナプキンを利用してみませんか。経皮毒という言葉があるように、肌に触れるものからはその物質の持つ成分が体内に入りやすくなります。布ナプキンなら紙ナプキンの石油系の成分を吸収しなくて済むようになりますし、綿を利用しているので体を冷やさずにすみます。血液で濡れてもしっかりと吸収してくれますから、肌に触れる部分にトラブルを生じることもありません。紙ナプキンとは違い、使い捨てではないのでエコにもなり、環境や体質に対して意識的になれます。膣トレーニングにもなり、血液を体内に閉じ込めるように意識することで尿もれなどのトラブルを回避できるようになり、より便利で快適な生活ができるようになります。布ナプキンには交換用のナプキンが利用できるようにポケットタイプになっているものもあり、好みに合わせて利用できるのもメリットです。

効果を実感すれば紙ナプキンには戻れません

効果としては冷たさを感じないこと、石油系ではないので肌トラブルがないこと、洗えば何度でも利用できることなどが挙げられます。最初は違和感を生じるかもしれませんが、次第にコットンのパンツを履いているのと同じように意識しなくなります。経穴をうまくコントロールできるようになれば、汚れも少なくなりますし、将来的に尿もれなどを予防する効果も高くなります。和服を着ている人には膣や尿をコントロールできる人が多いのですが、昔はきちんと膣コントロールができていたと言われています。体を良く知ることにもなり、自分の経血をコントロールできるようになれば、体の使い方を知ることができ、代謝や免疫力を向上させるのにも役立ちます。布ナプキンなら摩擦が起きても肌に優しいので安心です。

種類も様々、専門店での購入が便利です

コットンの布を重ねてナプキンにするという方法もありますが、なれていない場合にはやはり漏れの心配がありますし、触感が気になるということもあります。専門店がありますので、説明を聞いてから初心者用のセットを購入してみるのがおすすめです。初期用と多い日用、夜用と種類も様々ですし、ポケットタイプになっていて交換ができるようなタイプもあります。ジップロックのような袋に炭酸ナトリウムやセスキなどを溶かして入れておけば洗うのも楽です。慣れるまではある程度時間も必要ですが、慣れてしまうと石油系の紙ナプキンは使えなくなります。あらかじめきちんと用意しておくことができるように生理日にも敏感になりますし、自分の体と健康、精神状態を冷静に見極めることができるようになります。